IACTA ALEA ESTO

言語をかじり散らすのは別にいいんだけどなんだか収拾つかん感じになってきたので、いくぶんか目指すところを整理してみようと思った。ただし基準はいろいろだし、たんにいくつか選ぶというだけだ。

いろいろやってたら、言語コードの詳細版があるのを知った。今までは ISO 639-1 を使ってたんだけど、ISO 639-3 は死語や方言、人工言語などもカバーしている。

iso639-3.sil.org

早速これを使って、次のように選ぶ。

ISO 639-3 言語
grc 古典ギリシア語。サンスクリットとともに伝説の主人公といった趣がある。
lat ラテン語。死語ではあるが伝説級というほどでの感じではない。ロマンス諸語を代表し、フランス語、イタリア語など集約。
isl アイスランド語。ゲルマン語派を代表し、英語、ドイツ語など集約。
rus ロシア語。スラヴ語派を代表し、チェコ語など集約。
ara アラビア語。セム語派を代表し、各方言やヘブライ語など集約。エジプト方言を目指しつつ、とりあえずフスハー。
zho 中国語。シナ語派を代表し、各方言やベトナム語など集約。広東語を目指しつつ、とりあえず普通話。
kor 朝鮮語。孤立した言語。面白そうな隣人。実用性もあり。
jpn 日本語。孤立した言語。母国語。
eng 英語。事実上現代の国際語であり、実用性を一手に担ってもらう。

選んだ理由はいろいろあるものの、そのうちの一つは類似する諸言語の集約である。例えばフランス語・イタリア語なんかをやってると、それぞれ面白いのはいいんだけどどうしてもリソースには限界があるもので、どうにかうまいこと妥協できないかと模索した結果、ラテン語に集約するのがいいんでないかというわけです。アイスランド語、ロシア語、アラビア語、中国語はこの話を含む。

あと膠着・屈折やラテン文字以外の文字体系といった言語におけるいわば臭みを欲するようになってきたというのもあってこのようなメンツになった。臭みを取れば実用性が引っ込むという相関がたぶんあるので、引っ込んだ実用性は英語が一手に引き取ってもらうことでバランスを取るということにする。

選んだからといって何の強制力も考えないつもりだけど、整理するだけで目の前が明るくなるってもんです。