ペン先の材料そのものにインクを染み込ませるタイプのペン

ペン先の材料そのものにインクを染み込ませるタイプのペンについて話をする。

ペン先の材料そのものにインクを染み込ませるタイプのペンってどういうものだ

「フェルトペン」「サインペン」「マジック」「マーカー」「ライナー」「ミリペン」「ドローイングペン」

これらはペン先の材料そのものにインクを染み込ませるという方式において共通しており、実質同じである。めんどいので英語圏を雑に参考にして比較的太いものを「マーカー」細いものを「ドローイングペン」と呼ぶことにする。

マーカー及びドローイングペンは、インクの性質で油性/水性、染料/顔料がある。

水性は水だろうが、油性はアルコールのことだと思われる。これらの重要な違いは支持体(書く対象のこと、たいていは紙)に対するふるまいである。普通の支持体である紙についていうと、水性は滲みにくい代わりに、乾きにくくて重ね書きしていると紙がほぐれて傷んでしまう。油性は逆で、乾きやすく重ね書きしても紙はサラサラのままだが、どうあがいても滲む。紙以外については、金属などのつるつるした面に対して水性は弾いてしまうが油性は難なく書ける。これらのことは全部水とアルコールの粘性の違いに起因しているんじゃないかと思われる。

染料/顔料は書いて乾いたあとに、自身の溶剤に対して再び溶けるかどうかが違う気がする。染料は溶けやすいが、顔料はかなり溶けにくい。したがって顔料インクは、水性のくせに書いたら耐水性になるとかいう器用なことができる。このことがあって、水彩色鉛筆みたいに書いたあとで溶かすよ的な使い方でもしない限り染料インクのメリットはないんじゃないかと思うが、染料は顔料に比べて安い感じがする。

以上の特徴を踏まえると、漫画やイラストの製作において墨汁やピグマが線画に用いられ、マッキーやマジックインキなどでベタ塗り及びコピックで色塗りが行われることの納得がいく。

マーカー

お気に入りのマーカー

私のニーズに合致した者を紹介する。よろしくお願いします。

紙用マッキー極細

ゼブラの水性顔料インク。

線画といえばサクラクレパスのピグマに代表されるドローイングペンだが、私はあまり細みを目指してもキリがないと考えているため敢えて純粋なドローイングペンを避け、そこそこ細いの(極細)と中くらいの(細)が一本に収まっていてこれ一本で便利!なゼブラの紙用マッキーを推す。実質、極細は太めのドローイングペンであり、太めのドローイングペンと細めのマーカーが一本にまとまっているといえる。価格は安くデザインもクセがなくてゴリゴリ使える。バランスのいい一品

マジックインキ No. 500, 700

寺西化学工業の油性染料インク。

油性マーカーといえばゼブラのマッキーと寺西化学工業のマジックの2強である。利便性はマッキーの方が高いが、誤差レベルだし何よりマジックシリーズはデザインがかなり好きなため、マジックを推す。基本的にデザインの良い文房具は高級であるという相関があるように思うが、マジックのデザインの良さはまた別ベクトルであり、全然高級ではない。持っているだけでワクワクしてしまう安価な文具というのはなかなか狙ってすぐできることじゃないと思うので、寺西化学工業においては末永く変えずにいてほしい。

いまいち使い所がなかったマーカー

私のニーズに合致しなかった者も紹介する。良いものだとは思うし、店頭には並んでいるのでどこかで必要とされているはず。

マッキーケア超極細

使う支持体がほぼ紙なので、油性マーカーについては細みを目指すメリットがなかった。

ラッションペン No. 300

水性染料ということであり、積極的に滲ませや混色をしないので機能的に嬉しい点はない。ただかなり安いため湯水のように使える。
とはいってもゴリゴリ書きまくるのはそもそもボールペンの方が適役と感じるので、結局のところラッションペンの活躍できる場所があまりなかった。
マジックシリーズの一つなので、デザインは相変わらず好き。安いくせに観賞用。

その他のマーカー

他は試してない。あと有名どころはサクラクレパスの「マイネーム」と三菱鉛筆の「ピース」くらいか。

マイネームは学童用といった趣があり、それはそれで特定の良さがあると思います。興味があるので今度買ってみる。

ピースは……ちょっと字面がね……実に三菱鉛筆らしいと思います……。

ドローイングペン

ドローイングペン(水性顔料)は使わないことにしているけど一通り試したので紹介する。

機能については正直どれも大差なし。

太さの種類が豊富なのはサクラクレパスのピグマと STAEDTLER の pigment liner。STAEDTLER の方が若干高めな価格設定なので、私にはわからなかった違いが同様にわからないのであればやはりピグマが安定と思われる。

一番安いのは三菱鉛筆の uni PIN だが、0.1, 0.2, 0.3 の三種類しか出していないしそもそもかなりマイナーらしく普通は店頭に並んでいない可能性がある(なぜか私の行きつけには置いてあった)。しかしクオリティはまったく不足がなく、それでいてピグマの半額にもなるなら最もコスパがいいと考えられる。三菱鉛筆の考えていることがわからない。どうも海外向けは違うらしいが。

PILOT のドローイングペンはコメントに困る。uni PIN ほど種類が少なくはないけど最太でも 0.8 という微妙な上限。価格帯も uni PIN とピグマの間ぐらい。デザインは素材が安っぽいという人もいるかもしれないが私はこういうの嫌いじゃない。

結論として、安定はサクラクレパスのピグマそんな種類いらないからとにかく安いのをというなら三菱鉛筆の uni PIN がいいと思われる。それが店頭になかったら次点で PILOT のドローイングペン。STAEDTLER は好みでどうぞ。何しろ世界のドイツ製なので、それだけでも持つ価値を感じる人なら持つ価値があるだろう。

マジックインキ No. 500 を抱えるはじめちゃん。