万物は流転するし、準備も例外ではない

連休はなるべく外に出ようという謎の強迫観念があるため、数ヶ月前から漠然とどこに行こうかと考える。GW(ゲートウェイではない)も例外ではなくて、大阪・京都から新宮と名古屋およびそれらの道のりについてあれこれ考えたり図を書いたりなどしていた。ちょっと違う。脅迫観念とかそんな話ではなくて、単に準備はしているに越したことはないという考えに基づいていると思われる。この考えは一見メリットしかないように見えるが、実際は準備にもコストというのがあり、じゃあバカじゃんということになる。しかしながらその準備に対する実行がなされなかったときに全部パーになるかというとそんなことはなく、また日を改めることができたり、あるいは分解して別の準備の栄養とすることもできる。したがってメリットとかデメリットとか実はよくわからないし、それを正確に推定できるというのは事象の因果関係がわかるということなので、少なくとも一生のオーダーに収まる話ではなく、無視してよろしい。ところでそのような準備をしていたのだが、今回は1ヶ月を切っても全くやる気が出ないため、安定に引きこもることとする。またどこかで、準備。

大阪から新宮まで、様々なルートがある。名古屋経由とか。